【投資妙味ありか】iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス

カプセル、粉薬、注射器、アンプル剤、錠剤などいろいろな医薬品のイラストです。

かいじゅう
かいじゅう

こんにちは。かいじゅうです。今回は、バイオテクノロジ―セクターに投資を行える投資信託について調べてみました。

現在市場は、FRBの金融引き締めの影響で混乱状態です。インフレにより、恩恵を受けるセクターのエネルギーやタンカー銘柄の高騰が目立ちます。

今回はその先の相場を考えて、バイオテクノロジーに目を向けてみました。

※投資にはリスクがあります。ご自身のリスク許容度に合わせて、ご自身の判断で投資を行うようにしてください。

※個別の銘柄を推奨するものではありません。

目次

iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス基本情報(2021年5月23日)

設定日2018.1.31
現在値11,896円
年初来PF-12.89%
楽天証券買付ランキング893位
運用管理費用0.7975%
実質コスト1.035%
純資産4.69億円
設定来高値14,950円(2021.8.10)
元指数NASDAQバイオテクノロジー指数
運用会社大和アセットマネジメント
iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス基本情報

年初来のパフォーマンスはあまり芳しくありません。

設定来高値も去年の8月と上昇相場に乗り切れなかった?セクターでしょうか?

運用手数料も高めであるし、セクターの上昇が見込まれる状況でないと投資は難しいかもしれません。純資産もeMAXISSlimS&P500の約2400分の1ですので人気はあまりないようです。当然ですが、買い付けランキングも振るいません。

かいじゅう
かいじゅう

まだ注目されていない感じ?次は元指数のチャートを見ていきましょう。

NASDAQバイオテクノロジー指数のチャート

NBIチャート
トレーディングビュー提供のNBIチャート

当たり前ですが、元指数も下落傾向にあります。やはり去年の8月ごろを頂点に下落していっています。

かいじゅう
かいじゅう

市場の状況もよくないですし、まだまだ下がる可能性もあります。

どんな銘柄が指数に含まれているか確認してみましょう。

NASDAQバイオテクノロジー指数構成上位10銘柄(iシェアーズ バイオテクノロジー ETFから)

銘柄名(ティッカー)比率(%)
1AMGN9.1
2GILD8.36
3REGN7.17
4VRTX6.84
5MRNA4.95
6IQV3.83
7BNTX3.27
8ILMN3.26
9BIIB3.05
10MTD2.91
NASDAQバイオテクノロジー指数223銘柄中上位10社(2022年5月20日のデータ)

かいじゅうはあまり知らないけれど、ヘルスケアやバイオテクノロジーのセクターが並ぶわね。製薬会社が多い印象です。投資信託は、ブラックロックのETFと個別銘柄や先物絵お組み合わせて運用しているようですね。

かいじゅう
かいじゅう

次は、セクター別の比率も見ていきましょう。

NASDAQバイオテクノロジー指数セクター比率(iシェアーズ バイオテクノロジー ETFから)

セクター名比率(%)
バイオテクノロジー77.56
ライフサイエンス・ツール/サービス19.24
医薬品1.88
ヘルスケア機器0.70
NASDAQバイオテクノロジー指数セクター比率

ざっくりと調べてみましたが、当たり前ですがバイオテクノロジーとヘルスケアが大半でした。もしリッセッションが来るとすれば、バイオテクノロジーやヘルスケアは不況の状態でも強いと思われますので、状況を見て買っていくのもいいかもしれません。

かいじゅう
かいじゅう

もしリッセションとなった時でも、持っておけるセクター投資信託ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です