【超高分配投資信託】アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型には投資するな!?

自由の女神

かいじゅう
かいじゅう

おはようございます。かいじゅうです。

今回は純資産額があのeMAXISslimS&P500を超える投資信託の紹介です。

かいじゅう自身は調べてみたところ、メリットとデメリットがわかりやすい投資信託であると

思いました。まずは基本情報から見ていきましょう。

※投資にはリスクがあります。ご自身のリスク許容度に合わせて、ご自身の判断で投資を行うようにお願いします。

目次

基本情報

純資産17736.91億円(eMAXISslimS&P500は、11745.8億円)
基準価格(2022年4月26日)10,764円
直近分配金(4月15日)200円
設定来高値(2021年7月26日)12,955円
設定来安値(2020年3月17日)8,324円
毎月決算日15日
楽天証券買付ランキング11位
楽天証券積立ランキング26位
運営管理手数料1.727%
実質コスト1.75%
ベンチマークS&P500から厳選して、50銘柄~70銘柄
アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型基本情報

純資産が多く買付ランキング、積立ランキングとも上位にランクインしていて人気はありそう。

コストは高いですが、高利回りのため仕方がない部分もあります。

アクティブファンドとしても高利回りであり、コストは許容するべきかなーと思います。

かいじゅう
かいじゅう

これだけではどんな投資信託かわからない。

組み入れ銘柄(上位10銘柄)

銘柄セクター比率(%)
アルファベット コミュニケーション・サービス8.1
マイクロソフト情報技術8.1
アマゾン・ドット・コム一般消費財・サービス5.7
VISA情報技術5.3
ユナイテッドヘルス・グループヘルスケアヘルスケア4.3
クアルコム 情報技術4.2
ゾエティス ヘルスケアヘルスケア3.5
バーテックス・ファーマシューティカルズヘルスケア3.5
エヌビディア情報技術3.4
コストコホールセール生活必需品3.2
(組入上位10銘柄計)49.3%
上位組み入れ銘柄

50銘柄~70銘柄に厳選しているため、1企業の割合が高くなる傾向にあります。

気になるのはアップルがなぜか入っていない点です。しかし、どれも競争力が高い銘柄ですので、すぐにどうこうというわけでもなさそう。

S&P500の銘柄が並んでいます。比率はかなり高め。

かいじゅう
かいじゅう

銘柄については意外と固いところを抑えている感じですね。

分配金実績(年別)

2016年0円
2017年1,900円
2018年1,800円
2019年1,200円
2020年2,000円
2021年3,300円
2022年(3月まで)500円
分配金実績(年別)

年によってはバラツキがあるので、何とも言えない。

状況によっては株価が伸び悩むと配当金が出ない場合があるようね。

今年に限っては、S&P500の株価が伸び悩む可能性が高いので厳しいかも。

かいじゅう
かいじゅう

分配金が出ない年もあるのはきつい。

分配金実績(月別)、2021年利回り

2022.4200円
2022.30円
2022.2100円
2022.1200円
2021.12300円
2021.11300円
2021.10300円
2021.9300円
2021.8300円
2021.7300円
2021.6300円
2021.5200円
2021.4300円
2021.3200円
2021.2300円
2021.1200円
2020.40円
2020.30円
2021年分配金利回り
(2021年1月4日基準価格11,681円で換算)
税引き前28.25%
税引き後22.51%
分配金実績(月別)

基本的には超高分配で2021年の分配利回りが28%ですさまじいです。

純資産額が多いのもうなずける結果になっています。

かいじゅう
かいじゅう

気になるのは、分配金が0円になる月もあるところ、分配金決定の基準についてみていきましょう。

分配金の決定基準

毎計算期末の前営業日の基準価額分配金(一万口当たり、税引き前)
11,000円未満基準価額の水準等を勘案して決定
11,000円以上12,000円未満200円
12,000円以上13,000円未満300円
13,000円以上14,000円未満400円
14,000円以上500円
分配金の決定基準

分配金基準はわかりやすく記載されていました。

予想分配金提示型というのはあらかじめ、『決定基準が決められているよ』

ということみたいです。

基準価格10,500円くらいになると分配金が100円になり、

10,000円付近か切ってくると0円になるようです。

株価次第で配当金が変わってくるということみたいね。

かいじゅう
かいじゅう

この表を見てわかる通り、キャピタルゲイン分をインカムに切り替える感じですね

今後の見通し、かいじゅうの投資判断(参考になるかわかりませんが・・・)

デメリットとメリットがはっきりしているアクティブ投資信託です。管理費はeMAXISslimS&P500などと比べると高めですが、アクティブ投資信託と比べるとそんなに法外なコストではないと思います。

純資産が高いのはそれだけ利回りのよい分配金目当ての投資が多いということになります。パフォーマンスもインデックス投資信託と比べても現状そんなに悪くはありません

分配利回りがものすごい高いので、分配金目当ての投資には良いかもしれませんが、2022年に限ってはポートフォリオに占める企業の株価がそこまで上がらない気がするので、分配金も出ないかもしくは数か月に1回となるかもしれません。2021年のようなパフォーマンスが出せれば間違いなく買いですが判断が難しいです。

将来の分配金目当てで割安な時期で拾うのもありですが、本来の意図としては分配金目当てでの投資となるため分配金が出ない時に投資を行うのは少し厳しい気がしています。

かいじゅうの判断としては、今は投資するなでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です